コンボラーがbeatmaniaを語る

ただのコンボラーがbeatmaniaに関して駄文を書き連ねていきます。

目次

今までの記事へのリンクです。

beatmania上達論
過去に書いた記事です。
現在では事情が違っているものも多いと思うので、いつか書き直すかもしれません。

1.上達に関して
1-1
1-2
1-3
1-4

2.DPについて
2-1
2-2

3.スコアの狙い方について
3-1

4.特殊譜面(皿、ソフラン)について
4-1
4-2
4-3


5.DPフルコンのすすめ
①SPとの違い
②普段のサイクル
③必要な運指New!
➃必要なスキル
⑤プチ座学について


単曲攻略
特定の曲の攻略記事です。
フルコンorハードクリアの攻略が中心です。
G59(SPA)
Just a Little Smile(SPA)
quell ~the seventh slave~(SPA)
嘆きの樹(SPA)
3y3s(SPA)
FAKE TIME(SPA)
BLACK.by X-Cross Fade(SPA)
灼熱Beach Side Bunny(SPA)
Go Ahead!!(SPA)New!
quell ~the seventh slave~(DPA)
冥(DPA)
Innocent Walls(DPA)

スポンサーサイト

PageTop

近況13

渋谷ナムコのDP大会に参加してきました。
長くなりそうだけどどうにか簡潔にまとめたい。

●チーム対抗戦
・参加者30人で3人×10チームを作る
・10チームを3・3・4の3つのブロックに分け、それぞれ1・1・2チームに絞る
・以降4→2→1と絞っていき優勝チームを決める
・基本的にはブロックごとの課題曲をくじで6つ選曲、これをチーム内で1人2曲ずつ担当する
・一部の曲はスコアではなくBP勝負で順位を決定する
・各曲ごとの1位2位3位に3・2・1ポイントをそれぞれ与え、この合計でチーム順位を付ける

・チーム分けは実力のバランスを考慮し、主催側で事前に決めてある。発表は当日
・チームを決める目安の一つとして、「quasar(A)のハードクリア者を同じチームに入れない」という縛りを設けていることのみが発表済

ルールに関してはこんな感じです。
最後の一文から分かる通り、クエにハード付いてる人がチームリーダーみたいな感じですね。
ちなみに30人中ハード付いてるのはちょうど10人。

というわけで自分もチームリーダーの1人だったのですが、他のリーダーを見るとどう考えても俺が最弱クラスw
俺と組んだ人にどう謝罪しようか考えつつ会場へ。
大会開始前はやおきんさんILLさんと「どうして穴クエにハードをつけてしまったのか」をひたすら嘆いてました。
負けたら大会終了後に反省会を行うことになりましたが、この予定は消滅してしまいましたww理由は後述。

そしてチーム分けが発表、自分はARIさんmakoさんと組むことになりました。
2人とも初対面でしたが、話を聞くとなかなかいい感じにスコア高い様子。

ブロックは3チームのブロックで、佐天さんことおまんだこともやしさんチームとKLOCさんチームを相手にすることになりました。
そしてこのブロックの課題曲が以下の6曲。
CROSS ROAD(A)
Golden palms(A)
rainbow rainbow(A)
ALL MY TURN(A)
AA(A)
ganymade(A)(この曲のみBP勝負)

そしてオーダーを決めるべく話し合い。
とりあえず真っ先にガニメデは自分がやることに決めました。4日前に繋いだばかりの曲だったのでポイントの稼ぎどころ。
あとは迷いましたが、自分がAA、makoさんにパームと虹虹、残りをARIさんに決定。

すっ飛ばして結果を書くと、ポイントはもやしさん11自分12KLOCさん13でKLOCさんチームの勝ち上がりでした。
ガニメデ900コンボ繋いでこの大会の唯一の見せ場を作り、無事1位も取れたのですが、AAが普通に下手だったのが敗因だった。
オーダー的に勝ち目があったとしたら、AAを捨てて自分がパーム頑張って、makoさんをオールマイターンに回せばワンチャンあったかもしれません。
しかしながら、勝てない曲を捨てて他の人にやってもらうのは必要な戦略の1つなのですが、それをやって負けたら悲しくなるとか思っちゃったので、結局AAは自分でやりました。
まぁそもそもAAでKLOCさんに勝ってれば勝ち上がりだったんで、実力不足で片付く話ですねw

しかしながら今回のチーム戦、チーム分けは主催側が決めたものですが、相当な神バランスだったと思いますww
うち以外のブロックも各チームのポイントが11・12・13と14・15・15・16でこれ以上ない接戦。
チームを決めた主催の方々はGJと言わざるを得ない!

そしてなんやかんやあって優勝はILLさんチームでした。おめでとうございました!
熱い勝負はたくさんありましたが、やはり一番盛り上がったのは
・冥(A)BP勝負でILLさんがKLOCさんを撃破
・INAZUMA(A)スコア勝負で榎本さんがやおきんさんを撃破
やはりこの2つじゃないでしょうか。どちらもILLさんチームの勝ち上がりの決め手でしたね。


●個人変則トーナメント
・各対戦ごとに課題曲を1曲とローカルルールをくじ引きで決め、その1曲勝負で勝ち上がりを決めるトーナメント戦
・ローカルルールは主にオプションと勝負内容が書かれている
・オプションは正規、両ランダム、両スパラン、HID+500、HI-SPEED無し、WINDOW-HOLD等々
・勝負内容はスコア勝負、BP勝負、Goodアタック等々
・時間の都合上30→16→4→1の3回戦で行われた

チーム戦に並行して個人戦も行われました。
今回の個人戦は上に書いてある通り、運要素がかなり絡むルールになってます。
くじの中に少しだけ紛れてるノースピやWINDOW-HOLD、Goodアタック辺りが魔物ですねw
他にも課題曲との組み合わせで化けたルールもいくつかありました。
なかでも印象的だったのは、
・smooooch(A)正規Goodアタック、もやしさん超上手かった
・XANADU OF TWO(A)両スパランBP勝負、2439さん本番一発で一切りBP5
・ILLさんのVermillion(A)WINDOW-HOLDはトップランカーをも分からせた
・決勝Go Beyond(A)両乱スコア勝負、もやしさんVSやおきんさん僅か2点差でやおきんさん勝利。最後の単発でまだ分からなくて会場興奮

ちなみに自分は2回戦でSchlagwerk(A)正規BP勝負っていう超いいところを引けたにも関わらず、前半とラストでミスをしまくってコケるというしょうもない結果になってしまいました(^q^)
悔しいので今日辺り繋ぎ狙ってきます。多分フリップ右鏡。
まぁ決勝行ってもゴビヨ両乱やらされただけですけどね!


●攻略記事集
毎年ちょっとした冊子を作ってるこの大会なのですが、今回はそれに加えて攻略記事集なるものが作られました。
DPerの皆さんが色んな記事を持ち寄って1つの冊子にしよういう企画だったのですが、これのクオリティが本当に高い。
全部で200ページ超の大作で、単曲攻略からプレイに関する意識の話まで、参考になるってレベルの話じゃない内容です。
とても印刷して配布できる内容じゃなくて、今回はpdfファイルでの配布って形になりましたw
ただこれちゃんとした冊子になってたら、コミケで1部1000円で売ってても余裕で買うレベル。

ちなみに自分も記事を書いたのですが、
タイトルを決めて書き始める
→リアルタイムで考えが変わった部分があってまとまらなくなる
→締め切り当日
→よく分からない個人の日記のようなものを書き上げる
という流れで出来た文章なのであまりじっくり読まないであげてください(^q^)

あとこの記事集ですが一応大会参加者に配るためのものということで、他の人への配布は非推奨とのこと。
広く配布するためのバージョンを作ってるらしく、見たい方はもう少しお待ちくださいとのことです。


●大会まとめ
大会に参加した皆さん本当にお疲れ様でした。
そして今回の大会を企画・運営した、KLOCさんを中心とした主催チームの皆さん、大会やその後の飲み会の場ではDANTAGさんとバーニーさん、この方々は本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。
ルール等で色々苦心したと思われますが、ここまで完成度の高い大会はそうそう作れないと思います。
SPでもこういうのあったら面白そうだけどなー誰かやってくれないかな(笑)


●おまけ
大会後は毎年恒例、バーニーさんのお店「絆」で懇親会。
2439さんの隣にポジション取りして魚食いまくってました。反省はしていない。
色んな人の色んなお話が聞けて面白かったです!

その後はもやしさんよっぴーさんシドウさんにホイホイ誘われてカラオケに。
ここのグループのカラオケはなかなかにテンション高くてかなり疲れましたww
よく行くメンバー(新宿組とかスカイプ連中とか)はもうちょっと落ち着いた感じなのですが、こっちのは密度高すぎたw
あと初めて行ったカラオケ店だったんですが、歌った曲目一覧が印刷できるのはかなり神機能だと思った!
いやはや超楽しかったです。本当にお疲れ様でした。



急いで書いたからミスあったらごめんなさい!

PageTop