コンボラーがbeatmaniaを語る

ただのコンボラーがbeatmaniaに関して駄文を書き連ねていきます。

単曲攻略3 quell ~the seventh slave~(SPA)

ここのブログは完全に自己満足でやっております。
そうは言ってもせっかく記事を書くのならば、他所では扱ってなさそうな内容の記事を書きたい、という思いが少なからずあります。
というわけで今回チョイスしたのはこの曲。
自分のFC済で最も難易度の高い曲の1つですが、この曲は自分の過去のFC狙いで「最も多く乱譜面予測を行った曲」です。
譜面予測は限定した譜面に関して認識力を手助けする大きな武器であり、自分の地力では安定しない箇所の接続率を上げるのに大きく貢献してくれます。
コンボラーの譜面研究に対する姿勢がどのようなものか、少しでも伝わるといいなと思いますw

さてこの曲、難所というか切り所は挙げ始めればキリがないのですが、接続難易度の高さを考えると次の3箇所が主なポイントになると思います。
①17小節の32分階段+α
②51小節の32分階段?+α
③68~69小節
また以下の攻略はランダムの使用を前提としてますが、正規鏡に関しては後述します。

        
①17小節
最初の難所です。譜面を見れば分かる通り、1234鍵の32分階段+567鍵のゴミという構成です。
ここは譜面の通りに押すのは非常に難しいです。
「12と34のトリル」と見て押すのが1番分かりやすいでしょう。
1234の8分で餡蜜しても繋がらないことはないのですが、BPM162での8分餡蜜は意外と精度が悪くなりがちです。

さてランダムの場合ですが、この12と34をそれぞれ予測します。1234→ABCDとしましょう。
ABは16小節のトリルがそのままABなので、ここで予測。
CDは開幕すぐの2小節目が1番分かりやすいです。忘れずに予測します。
そして予測した「ABとCDの二重トリル」を、17小節でとにかくキッチリ押し切ります。
難しい配置の場合は多少餡蜜気味になってもいいので、とにかくこのABCDが抜けないことを意識します。
32分が絡んだ譜面は見切りにくいことが多いのですが、二重トリルさえ押せていれば案外繋がってしまうもんです。
二重トリルをきっちり押しつつ、視線はそこから切ってゴミに集中することが出来れば理想的です。


  
②51小節
32分階段と書きましたが、そのような認識をしているとこの部分はそうそう繋がるもんじゃありません。
まずは譜面変換をします。
上記のように変換すると「56鍵の24分連打+α」となります。変換さえ出来れば意外と簡単です。
そして同様に56鍵を予測します。36小節に入った直後が、①の34鍵と近い感覚で予測出来るので分かりやすいと思います。
このときの乱配置を5→E、6→Fとしましょう。
51小節に入った瞬間に、Fが一瞬抜ける箇所があります。ここできちんとEを一度多く叩いた上で、EFの24分連打を意識。
あとは51小節終了までEFを9連打しながらゴミを拾います。ラスト2個はFが無くなりますが、後に鍵盤がないのでBADハマリはしません。

③68~69小節
ここまで来たらほぼウイニングランかと思われがちですが、自分はここが一番の難所だと感じました。
68~69小節にまたがる32分地帯は見た目以上に見切りにくく、押しにくい譜面になることが多いです。
69小節後半は17小節と基本的に同じ構成ですが、あまり長くないですし、譜面予測をする精神的余裕があるならば、譜面を見切ることに集中した方が良いと自分は判断しました。
ここまで来ると緊張も半端ないですが、ダメ元感覚でちょっと力を抜く方が良い結果になることも多いです。



④44小節~の縦連打
上に難所としては書きませんでしたが、ランダムの場合はこの地帯の1鍵2連打×5もかなりの切り所になり得ます。
その他が当たってるのにここで切るのは勿体ないので、自分はここでも譜面予測を行いました。

まず落ち着いて、序盤の12トリルの場所(上記のAB)を思い出します。
その上で↑の137同時押しの場所に当たる部分を見て、こことABの共通しているノーツが1鍵に当たります。
序盤で予測してしまってもいいのですが、あまり予測を増やしてしまうと頭がこんがらがり、譜面に集中できなくなって本末転倒です。
ここの予測はなるべくギリギリまで遅らせた方がいいと判断したので、アクセントがついて思い出しやすい2連皿に絡めた予測にしました。

縦連をちゃんと予測出来たら、早め黄グレぐらいで入ってきっちり2回ずつ押します。
初見だと押しにくいことも多いですが、予測できていれば大したことはありません。


さてここまでランダムでの攻略を書き並べましたが、同様の考え方で正規鏡でも当然攻略が可能です。
道中やラストが安定するのであればむしろその方が好ましいでしょう。
何度か来る8分の5連皿等、難所以外も安定はなかなか難しいです。

譜面予測ですが序盤12/34と中盤56、中盤の1を予測したので、34の区別はないですが結果的に全ての配置を予測したことになりますw
勿論押した鍵盤は忘れてすぐに次の予測に取り掛かるため、最終的に全ての配置を把握しているわけではありません。
混乱しないためにも、譜面予測はなるべく難所の手前で行うのが良いです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

じっくり読ませていただきましたが、やはり前半を繋いでも、真ん中が厳しいですね。

要所要所が繋がってても、いざ繋ぐとなると・・・w

何気に嘆きの攻略を期待しておりますw

PLUS-X | URL | 2011-02-02(Wed)21:51 [編集]


>PLUSさん
まぁ何だかんだで中盤ゲーなのは間違いないですかねw
これは俺の経験なのですが、真ん中はコツを掴むとある日突然接続率が上がるようになりましたよ!
通して繋ぐ難易度はやはり高いですけどw

嘆きはいつか書こうかなとは思っていましたし、せっかくリクエストを頂いたんで次回で書かせてもらいますw

IKKI | URL | 2011-02-03(Thu)00:36 [編集]