コンボラーがbeatmaniaを語る

ただのコンボラーがbeatmaniaに関して駄文を書き連ねていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

単曲攻略4 嘆きの樹(SPA)

リクエストを頂いたので、今回の攻略はこの曲です。
言わずと知れた2000ノーツのボス曲。
多くのFC達成者が出ているようですが、他の曲と比べるとFC難度の割には人数が多いように感じます。
この曲のFCが、それ程に一つのステータスとして認められているということでしょうか。

今回の攻略も、FC攻略というよりは、自分が繋ぎを狙う際に行っていた譜面予測等の紹介になるかと思います。

まず予め断っておきますと、今回は手首皿等の完全固定の使用が前提となる攻略です。
完全固定でない運指で繋いでる人もたくさんいますが本当に凄いと思います。
完全固定を前提にすると、この曲の主な難所は4箇所。

①58~59小節、デニム入りの4鍵2連打
②60~61小節、デニム途中の1鍵2連打
③69~71小節、階段+αの高速発狂
④80小節
一つずつ見ていきます。



①58~59小節
②60~61小節
手首皿がかなり安定するレベルになってくると、デニム地帯を繋ぐ上で2回ある2連打が最大の切り所になります。
ここの4鍵と1鍵はもちろん乱予測を行います。予測についてはまとめて後述します。

まずデニム前の4鍵ですが、これは黄グレぐらいで4だけ早めに拾ってしまいデニム地帯に突入するのが良いです。
ここは予測さえ出来れば割と安定する部類でしょう。
逆にここが安定しないようだとキツいかもしれません。
むしろその手前の58小節が歯抜けデニムなので、縦連を意識し過ぎてここで切ることがないようにしましょう。

続いてデニム中盤の1鍵、これは歯抜けデニムの直後に譜面に混じった形で出てくるので、4鍵2連打より大きく難易度が上がります。
ここの2連打が自分の苦手な配置である場合、プレミアムフリー等ではリセット推奨かもしれません。
自分の場合、3・5・6・7が得意で1・2・4が苦手だったので、予測で124を引いた場合は捨てることも結構ありました。
黄グレで早めに入るのも難しい場合が多いので、連打の場所を予測した上で、あまり連打を意識しすぎないのが大事だと思います。
もちろん連打意識やGood入りの方が精度が高い人もいるでしょうから、何度もやって自分にあったやり方を確立するのが良いでしょう。



③69~71小節
一番の難所です。
皿もほとんど来ないので鍵盤の地力を要する箇所です。
譜面が複雑であるため譜面変換も有効ではなく、見た通りに頑張って押すしかありません。
しかしながら譜面にかなり偏りがあるのも事実です。

ポイントは2鍵と6鍵の予測です。これも予測は後述します。
ここを繋ぎ切るためのコツとしては、2と6をガン見して完璧に押した上で、残りのゴミを拾うことです。
そして2と6の配置は左右に分かれることが最重要で、これがどちらかの手に固まると難易度が跳ね上がります。
これが固まってることが分かったら、ハザードや通常プレイの選曲でも捨てるレベルです。
また2と6のどちらが右手側・左手側に配置されるかも結構重要で、自分の場合は6が右手側にある方が逆に比べて遥かに精度が高かったです。

自分が得意だった配置は2→3or4、6→5or6or7で、これに加えて①②の条件も満たすと最高の配置ですね。
ちなみに繋がったときは4126→5746で、上記の全ての条件を満たす配置でした。

あとついでに注意するべき点ですが、71小節の出口付近で1・3・4がごちゃっと降ってきます。
あまり目立ちませんがここも相当な切り所なので、71小節を抜ける直前でもう一度譜面全体に集中しましょう。
ここで切っても凹まないことです。集中力が足りなかったと諦めましょう。



④80小節
③が一番の難所と書きましたが、実質的には本当の難所はここかもしれません。
3回くるデニム譜面+皿は、少しでも押し損ねると前後のノーツでミスになってしまいます。
そして最後の3連皿+デニムは、手首皿で最も難しい(手首皿でなくてももちろん難しい)引き皿を強制されるので、緊張した状態だととんでもない切り所になります。
そしてここで切ると精神的ダメージが半端じゃないです。
自分はここで3回切りました。うち2回は同じ日でしたw
よく折れずに繋ぎきれたなぁと自分でも思います。

途中で捨てずになるべく最後までプレイして、この地帯はとにかく安定させましょう。そういうわけでハザード粘着はあまりお勧めしません。
対策の一つとしては、ラストの3連皿デニムを全押し×3で餡蜜してしまうことです。
BPM160なら気持ち遅めに入ればまず切れることはありません。
ただデニムがド当たりだった場合は普通に押してしまった方が良いので、どうするかは中盤で決めておきましょう。




最後に乱予測ですが、最初の9ノーツで全て予測出来ます。
ただ9ノーツのうちの4ノーツを乱で見切って覚えるのは結構難しく、自分は見逃して混乱することもしばしばでした。
というわけで少し妥協して
①最初の2ノーツで4鍵と6鍵を予測
②9ノーツ目で1鍵を予測
③11小節~の乱打で、46絡みの部分を見て2鍵を予測
という方法を取りました。

頭の中では作業的に
①最初の2ノーツをAB
②9ノーツ目をC
③乱打で予測したのをD、二個目に割り込ませてADBCと並び替える
④前2つが高速発狂、後2つがデニム縦連


クエルに続いて譜面予測マニアみたいな記事になってしまいました。
☆12譜面予測まとめみたいなのを一度作ってみようかと思いましたが、記事にするネタがなくなると困るので一つ一つ消化していきましょうw
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うおぉ・・・。
これは相当参考になりました。
階段地帯の2鍵と6鍵、そうなんですよね・・・これが分かれないと駄目なんですが、まさかこれまで最初で予測出来たとはw

完全に研究不足でした。


これはかなり精度上がりそうです。
しかし、最近プレミアムフリーで大当たり待ちをしすぎて、いざという時に緊張してどうでも良い所で切ってしまうのをどうにかしたいですw

解説ありがとうございました!

PLUS-X | URL | 2011-02-09(Wed)03:33 [編集]


>PLUSさん
この記事は俺の嘆き1000回の軌跡でもあるので、参考にしてもらえたなら嬉しいですねw

いざ大当たりを引いたときに緊張するってのは俺も何度もありましたねww
繋がりそうな当たり譜面の範囲をなるべく広げていくのが一番の近道になるでしょうかね。頑張ってください!

IKKI | URL | 2011-02-09(Wed)19:59 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。