コンボラーがbeatmaniaを語る

ただのコンボラーがbeatmaniaに関して駄文を書き連ねていきます。

beatmania上達論2-1

いい加減書くことがないので書き進めていこうと思います。
更新モチベが以前ほど高くないので、短めでもいいのでなるべく更新していきましょうかね。


とりあえずDPに関するお話を書き連ねていこうと思います。
基本的なことは1-1~で書いてるので、SPとDPとの相違点を中心にまとめてみるつもりです。


まずはSPでも行った指の配置に対する考察からです。

DPは鍵盤数がSPの倍の14個で、これに対する指が10本しかないのでSPのような完全固定が出来ません。
ただでさえ指の数が足りていないのだから、将来的に高段位を目指すなら、両手の指は小指まで全て使うのが理想だと思います。

基本的な配置として確立されている指配置の一つとしては、右手基準で
1・親、23人、4中、56薬、7小
が挙げられます。
左手に関しては右手と左右対称で構わないと思われるので省略していきます。

完全固定になるべく近い配置を目指すためには、この配置がベストでありこれ以上はないと思われます。
片手やDPのプレイヤーを数多く見てきましたが、これをベースにしてる場合がほとんどです。
もちろんスコアを狙う際の例外的な指配置等、この限りではありませんが今後取り上げていこうと思います。

さて5本の指で7つの鍵盤を捌くことになるわけで、同時押しやトリルに関しては明らかに指が足りない配置が出てきます。
特に人薬が担当する23や56に絡むと難しくなりやすいです。

短いですが今日はこのくらいで。
次回は23・56絡みの指配置についてです、片手プレイの考察とも言える内容になるかもしれません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する