コンボラーがbeatmaniaを語る

ただのコンボラーがbeatmaniaに関して駄文を書き連ねていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

beatmania上達論4-1

beatmaniaというゲームにおいて最も多いのがいわゆる乱打譜面ですが、これは適当に数をこなしていればある程度上達ていきます。

これに対して連皿やソフランを含む曲は、普通に地力を上げるだけではなかなか上達しないこともあります。
今回の記事では、いわゆる癖譜面に分類される上記の譜面に関しての上達法を考えてみようと思います。

①連皿
いわゆる「皿曲」と呼ばれる曲もありますが、これは個人差がもっとも大きいジャンルだと個人的に思います。
このジャンルを攻略するにはいくつか段階があります。

1.曲を聞いて皿のリズムを覚える
皿曲は初見での攻略が非常に難しいです。
まずは曲を聞きこんで皿のリズムを覚えること。見ないで歌えるくらいになりましょうw
皿のキー音が聞こえにくい曲もあるので、動画サイトに上がっているハンドクラップ音付きの音源とかいいかもしれません。

2.皿の押し引きを決めて、それを元にその枚数で回す
皿のリズムを覚えただけだと、
「皿の音があるところで回し始める→音が切れたところで止める」
というフィーリングに頼った回し方しかできません。
もちろんこれだけで十分なセンスの持ち主も多いのですが、多くの人はこのままでは安定性に欠けると思います。

例えば7連皿→5連皿という組み合わせの譜面があったら、
最初の7連を押し皿で入って押し皿で止める→5連を引き皿で入って引き皿で止める
ということをとにかく意識します。
この押し引きを完璧にしてそれでもミスが出るようなら、皿をしっかり回しきれてない可能性が高いです。

3.覚えた曲の皿が安定して繋がるまでやり込む
大抵の人はこの過程を疎かにしてることが多いです。
勉強の後は復習が大事であるように、ハードランプを付けただけで満足せずにその後も継続してやり込みましょう。
同じようなところで切ることが多ければ、枚数やリズムを勘違いしてる可能性が高いので譜面を確認しましょう。
ここまで完全に覚えて、ようやく光らせる練習に入れると思います。
この作業を繰り返すと、初見の皿でもある程度枚数を見切って回せるようになったりします。


その他皿に関してだと、

・苦手な人は短めの皿から
鍵盤を先行で鍛えた十段~レベルの人だと、RED.(☆12)辺りから皿の暗記ゲーが始まるかもしれません。
ただいきなりREDの皿を全部覚えようとしても難しいし、なかなか覚えた通りに回すのは難しいです。
最初はLight shineくらいの、短めの連皿を確実に覚えて回せるように練習しましょう。
そこから徐々に色んな皿曲に手を出していけば、確実に皿の地力は上がります。

・ブン回してもうまくいかない
まず知っておいてもらいたいのが、皿と呼ばれるターンテーブルは、ある一定の距離をある程度のスピードで回さないと反応しないようになっています。
だから超ゆっくり回せば、回してるのに画面が反応しないなんてこともできます。

そして連続で皿を回すときには、上に回した後に下に回す際、上向きの勢いが残っていると下に回すのに余計に力を必要とします。
というわけで、理想的な皿の回し方は、「最低限必要な距離の分だけ、最小限必要な力で回す」ということです。

「前後にこの距離で回せば安定して反応する」という皿の感覚を掴むのが大事です。
安定して回せる皿でもあえて力を抜いてみて「この距離じゃ反応しない」というギリギリのラインをしっておくのもいいかもしれません。


あとソフランと連打に関してですが長くなりそうなので一旦切りますw

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-02-10(Fri)16:03 [編集]


おお、早速取り上げてくださったんですね。今回も面白いです。
> 連続で皿を回すときには、上に回した後に下に回す際、上向きの勢いが残っていると下に回すのに余計に力を必要とします。
これは全く考えてませんでした。とにかく回せばいいってもんじゃないんですね…
続きも待ってます。

downshot | URL | 2012-02-12(Sun)20:37 [編集]


Re: ららら

コメントありがとうございます&ブラックと灼熱ありがとうざいます!
そうですねーDPのその辺りは放置しちゃってる状態ですねw
次の記事で取り上げようと思います!

ikki0607 | URL | 2012-02-15(Wed)00:55 [編集]


Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
期待通りの内容になっているかは分かりませんが、こんな感じで続きも書いてみようと思います。

連皿において軽い皿よりも重い皿を好む人がいるのですが、これが理由だと思います。
軽い皿だと上向きの勢いが残りやすいので、上下に安定して回らないんですね。
言葉で説明するのは難しいですが、とにかく皿の上下の動きを自分の手でコントロールすることが大事かと!

ikki0607 | URL | 2012-02-15(Wed)01:00 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。