FC2ブログ

コンボラーがbeatmaniaを語る

ただのコンボラーがbeatmaniaに関して駄文を書き連ねていきます。

R-RANDOM考察①4個同時押し

まともにブログ書くのちょうど2年ぶり、記事っぽいの書くのは3年近くぶりみたい。
最近はDPに取り組んでまして色々書きたいことが出てきたのでまたまとめていきます。

今回はPENDUALで登場したR-RANDOMについて、その使いどころと共に考察してみようと思います。

このR乱の仕様としては
・、正規1234567鍵がずれた配置、またはその鏡譜面が降ってくる
・ただし、もともとの正規・鏡譜面は降ってこないので、譜面パターンは12通り

各譜面をロケテの説明の通りに以下の略称を使うことにします。
数字は正規1234567の鍵盤が、左からどの鍵盤に割り振られるかを示してます。
分かりにくければ、+の数字を増やした分だけ鍵盤が左に移動し、鏡はその後にかけると考えれば良いです。
Sは正規、Mは鏡の略

S+1→2345671
S+2→3456712
S+3→4567123
S+4→5671234
S+5→6712345
S+6→7123456


M+1→1765432
M+2→2176543
M+3→3217654
M+4→4321765
M+5→5432176
M+6→6543217



自分はR乱はDPや片手でかなり多くの使いどころがあると考えてます。
なのでとりあえずは片手プレイに準じた当たり外れに関して考察していこうと思います。
以下は一般的?な右片手プレイを想定し、56や123絡みの同時押し、特に1236や2456を大きなハズレだと定義して考察していきます。

①4個同時押し
R乱での4個押しは7C4の組み合わせで35通りあり、以下の5つに分類できます。

A、4個隣接(7種)
B、3個隣接+1個(14種)
C、2個隣接*2(7種)
D、2個隣接+1個*2(7種)

A系統
1234を正規譜面としたとき、

S  →1234×
S+1→1237△
S+2→1267○
S+3→1567△
S+4→4567△
S+5→3456△
S+6→2345○

M  →4567△
M+1→1567△
M+2→1267○
M+3→1237△
M+4→1234×
M+5→2345○
M+6→3456△
A系統

この中に含まれる同時押しは全て同じ分類として扱えます。
例えば正規1267が含まれる譜面にR乱をかけると、正規鏡であるS+2とM+2を除いた12種類(実質6種類)のいずれかが降ってきます。

片手での押しやすさを○△×でまとめました。これは個人差あると思います。
当たりと言える配置が少なく、隣接鍵盤のR乱は外れやすいということが言えると思います。
DP正規にこの配置がある譜面はパッと思いつきませんが(知ってるかた是非教えてください!)、もしあればR乱は推奨しにくい譜面だと言えるかもしれません。
逆に、そのような譜面にR乱をかけることで上記の同時押しの練習をするということもできるかもしれません。

B系統
1235を正規譜面としたとき、
S  →1235×
S+1→1247○
S+2→1367○
S+3→2567△
S+4→1456△
S+5→3457○
S+6→2346○

M  →3567△
M+1→1467○
M+2→1257○
M+3→1236×
M+4→2347○
M+5→1345○
M+6→2456×
B系統

この分類のみ14種類(降ってくるのは12種類)の同時押しが含まれます。
○○○×○××を繋げた形の数珠が左右対称の形を作れないからですね。(わかる人だけわかってくださいw)

B系統はA系統に比べれば当たりの数は多いのですが、1235、1236、2456といった最も押しにくい同時押しのいくつかが含まれます。
左右両方に乱をかける場合もあるDPではこれが無視できない確率になります。
さらに乱数に偏りがある?と噂されるこのゲームでは4/7を4回外すなんてこともしばしばで、確率もあまり信用できるものではありません。
DP正規に頻発する配置として、1247、1367のような同時押しが含まれる曲には、R乱はあまり推奨できないかもしれません。
ちなみにR乱において1と7は実質隣接していると考えることもできるので、127や167を含む4個押しにR乱は非推奨とすれば覚えやすいです。

C系統
1245を正規譜面としたとき、
S  →1245○
S+1→1347○
S+2→2367○
S+3→1256△
S+4→1457○
S+5→3467○
S+6→2356△

M  →3467○
M+1→1457○
M+2→1256△
M+3→2367○
M+4→1347○
M+5→1245○
M+6→2356△
C系統

この系統は比較的当たりやすいです。
個人的なイメージでは、押しやすいけど実際に降ってくると見切りにくい同時押しが多い印象です。
これも正規に降ってくる曲は少ないですが、もしあれば当たりを待ちやすい部類と言えそうです。

D系統
1357を正規譜面としたとき、
S  →1357○
S+1→2467○
S+2→1356△
S+3→2457○
S+4→1346○
S+5→2357○
S+6→1246○

M  →1357○
M+1→1246○
M+2→2357○
M+3→1346○
M+4→2457○
M+5→1356△
M+6→2467○
D系統

1356の形以外は全て当たりです。1356さえ押せるようになれば、当たりの確率がかなり高まると言えます。
これらの同時押しはDPにおいて頻発するものが多く、特に、1357、1346、1246などが含まれる譜面はR乱で当たりやすいと言えると思います。
また、これは1→3→5→7や6→4→2→1のような階段譜面もR乱で当たりやすいということにもなるので、
同色階段などの正規系に癖がついた、しかしランダムだと難しくなりすぎるという場合にも有効と思われます。
具体的には3y3s(DPA)やNNRT(DPA)のような形の譜面がこれに当たるでしょうか。




とりあえず4個押しについては以上です。
次回以降は3個押し、5個押しについてまとめて、その後R乱当たりハズレ指数、譜面の押しやすさ指数をなんとなく計算する方法を考えてみようかなと思います。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する