FC2ブログ

コンボラーがbeatmaniaを語る

ただのコンボラーがbeatmaniaに関して駄文を書き連ねていきます。

単曲攻略12 Go Ahead!!(SPA)

goahedリザルト

Go Ahead!!(SPA)が無事に繋がってくれました。
色々譜面予測をしたのでせっかくなのでまとめておきます。
フルコン狙い以外にハードやEXH、AAA狙いでも多少は役に立つかもしれません。
筆者の2P側基準で書くので、めんどくさいですが1P側の人は読み替えてください。


・譜面選択編
まずは序盤でデニムと縦連の配置を予測し、譜面の取捨選択をします。
本気で取り組む場合はまずはe-amusementプレミアムコースに加入しましょうw
リザルトまで行かずにリトライができるので、加入料金以上にPフリー代とストレス面で得します。

①45鍵(縦連)予測
発狂での縦連になるので最優先で予測します。
ここが割れないとかなりきつくなると思います。

ゴアヘ1ゴアヘ2

予測は色々試しましたが、初めの5小節のトリルの始動が5ここを縦連Pとします)
しばらく進んで一瞬の休憩手前12小節の乱打の最後から3ノーツ目が4(縦連Qとします)になります。
手前で予測できなくはないですが、色々考えすぎてパンクしそうだったので予測地点を分けました。
ちなみにここでわからなくなっても、中盤休憩後の34小節でもう一度予測しましょう。

ゴアヘ4

休憩後の単発2、3音目がそれぞれ縦連Q、縦連Pになります。
序盤で予測した場合もここで再確認するといいと思います。


②デニム2種
中盤で割れ譜面に近い配置を引くことを目標にします。
中盤の1357+246(デニムXとします)が割れればやりやすいのは皆知ってると思うのですが、
よく見ると1鍵が246のどれかと同時押しになってる箇所があり、
357+1246(デニムY)っていうもう一種類のデニム配置もあることに注意です。
デニムXが割れてもデニムYが当たるとは限らず、Xがそこそこの当たりのときに、Yが割れると意外とやりやすいパターンもあるわけですね。
これが「ゴアヘは微割れが当たり」って思われることがある要因の一つです。

さて予測ですが、一番初め4小節の4個押しが1357でデニムXの配置です。
どの程度当たり待ちをするかは個人差あると思うので後述しましょう。
次の5小節微トリル、↑で書いた通り5鍵も予測しますが、セットで357の場所を見ます。ここがデニムYの配置になります。

・パターン別まとめ
ここからは自分がどの程度取捨選択しているかのまとめです。
長ったらしいので飽きたら(Ⅰ)~(Ⅳ)は飛ばしてください。

(Ⅰ)
デニムXが1234
割れ譜面なのでプレイします。
この直後に1234のいずれか3つで微トリルが来るので構えておきましょう。13トリル+2のようなパターンだとびっくりして切ってしまいがちですが、「うわっ割れた!!」ってなってるときにここで切るとすごく切ないです。
自分は配置によっては右手でフォローを入れたりしますが、後ろの皿には注意しましょう。
後述しますがCNと発狂前トリルが外れやすいので、しっかり予測してせっかくの割れ譜面を無駄にしないようにしたいところです。

(Ⅱ)
デニムXのうち3つが567
1567、2567、3567、4567
の4つです。
これはどれもとりあえずプレイしますが、この後のデニムYがかなり重要です。
例えば微トリルが567だとデニムYが割れるということになります。
また、発狂前トリルはデニムYの567のどれか+Xの残りなので、X1567→Yが567となると、トリルは1と567のどれかということになり割れが確定します。

ただまあそうでなくとも十分な当たりなので基本的にはプレイしますが、注意として、
X1567→微トリルで1が縦連Pと判明
こういうパターンは捨てた方がいいです。
理由は残りの234に縦連Qが含まれてるので、PQが固まって一番肝心なところの外れが確定してしまうからです。

(Ⅲ)
デニムXのうち3つが左手
1235、1236、1237
1245、1246、1247
1345、1346、1347
2345、2346、2347
意外と隠れた当たりが存在するパターンです
その理由として、デニムは1357と246すべてが降ってくるわけではなく、一部の鍵盤に偏りがみられるということです。
例えば1345+267はかなり押しにくそうに見えますが、譜面によっては25がほとんど降らず、134+67の交互がメインの配置になることがあり、これを引くと場合によっては割れ譜面よりもやりやすくなることもあります。
ちなみにその偏りを予測するとキリがなくなりそうなので、止めたほうがいい配置を予測します。

例えばデニムX1235を例に取ります。
縦連P→左手、縦連Q→右手
これ以外だったら捨てましょう。
割れないといけないので左左、右右を捨てるのはもちろんですが、
P右手Q左手のパターンだと、X1235からP、残りの467からQを選ぶので、
4がQが確定してしまい、このQは発狂でめっちゃいっぱい降ってきます。
なので123-4のトリルがずっと降ってくることになりかなりキツイ譜面になります。

また(Ⅱ)のパターンと同様に、X1235のうち123が次の微トリルで固まると、デニムYが123+4567となり、同様にあまり4が降らないパターンだとここも押しやすくなってかなりの当たりが期待できます。
これは外れてもダメ元でやってみるのもいいと思います。

また、余裕があればデニムYが押しやすいか判別してもいいと思います。
例えば、
X2346→Y236→Yは236+1457で左手キツイから捨てるか...
X2346→Y346→Yの346+1257はかなり押しやすいからやってみるか?
という具合ですかね。

(Ⅳ)
デニム4つが左右に2つずつのうち、それなりに押しやすいパターン
自分的に押しやすいのは、左手12↔34、13↔24(少し微妙)、右手56↔7か57↔6のパターンです。

これに当てはまるのは、
1256、1257、3456、3457
1356、1357、2456、2457
(下四つは少し微妙)

これらに関しては先程同様にデニムYの配置で決めます。
X1256→Y256→Y256↔1347がやりにくいので捨て
X1256→Y126→Y126↔3457がやりやすいのでやる

またいずれにしても、縦連PQが割れるのは必須なのでこちらも予測しながらになります。
分からなくなったら休憩のところで確認しましょう。



以上の(Ⅰ)~(Ⅳ)のパターン以外であれば即捨てです。
具体的には左手が14か23、もしくは右手が67だったときですね。
どの辺りの譜面までプレイするor捨てるかは、フルコンEXHハードAAA何を狙うかと、個人の技量によってかなり差が出てきます。
(ハード狙いならデニムXの当たりだけ待つ、高速発狂には自信があるので縦連PQだけ予測するなど)
その辺りは自分で調整していきましょう。


・実践編
ここから先の譜面予測は、簡単なところで切らないための予測です。
フルコン狙いをする場合は特に重要になってきます。

③発狂直前63小節のトリル

ゴアヘ3

デニムXが割れてるとここが外れる(1357のどれか2つがトリルになる)ので予測をお勧めします。
予測は簡単で、CN後62小節のバスに絡んだ2個押しがそのままトリルです。
またこのトリルは、発狂の最後の最後にも降ってきます
これが例えば12に来ててトリルが間に合わないという場合は、即興餡蜜が正解かなと思われます。
ハードやEXH狙いでも覚えておくと得するかもしれません。

④CN+α
発狂に比べたら簡単そうですが意外とバカになりません。
デニムXが割れると難しくなる傾向があるのでしっかり予測しましょう
自分も譜面が当たった時に限って切りまくってたのでどんだけメンタル弱いんだと最初思いましたが、よく見ると譜面が難しいって話でした。
ゴアヘ5ゴアヘ7


単発で上記の縦連PQを確認したあと、まずはデニムXの配置を思い出します。
その後、42小節から皿+2個押しが来ますが、このうちの緑四角の部分を見ます。
Xの3個押しのうちのこの2個がCNで、残りの1個がCN中に八分の二連打(というほど速いわけではないですが)として降ってきます。
例えばデニムX3567⇔124のとき、同時押しが12→14ときたら、
12CN+4を連打、14CN+2を連打という譜面が来るということです。

意識してやってみると分かるんですが、54小節や56小節のような二連打はCNをしっかり押した後なので切りにくいんですが、
50小節や51小節のようにCNを押すのと二連打が同じ手で同時に始まると難しくなるんですね。
上記のような14CN+2を連打って、急に降ってこられるとかなり難しいと思います。
リリーゼと炎龍レーヴァテイン(SPA)後半を想像してもらえるとわかりやすいと思います。


譜面予測としてはもう一つ、50小節頭がごちゃごちゃしてて難しいのでここも大雑把に予測します。

ゴアヘ6

上記のCNについて頭を整理したら、次は48小節終わりでデニムXの4個押しを思い出します。
ここの初めの2個押しが50小節で交互にくる鍵盤、Xの4個押しからそれを取り除いたものがCNになります。
例えば、デニムX3567⇔124のとき、同時押しが67だったら、
35のCN+67を交互に押す譜面が来るということです。
CNの配置が分かったら、そこだけは手を離さないように意識して、他の鍵盤を注視します。

ちなみにもっと手前の43小節で予測したり、交互がどちらから始まるなどを予測することも出来ますが、
このときは縦連PQの確認や他のCNで頭を整理する時間が必要なので、
ここもあえて予測ポイントを分けておきました。


予測に関してはこれでOKですが、CN出口の57~58小節は一応注意しておきましょう。
出口に唯一、「単ノーツとCNが八分以下で連続している」箇所があります。
難しくはないですが気が緩んでいると切るポイントなので、CN終わり間際でもう一度譜面に集中しましょう。


・発狂について
譜面予測ができたら後は頑張るだけなのですが一応。

ゴアヘ8

発狂中はまず68小節で縦連Pが来ます
手前を必ず早入りして意識して取りましょう
次は71小節の少し遅くなるところで縦連Pが一応来ます。
この後のまた速くなってから、縦連Qが72小節で1回、74~75小節で2回来ます
場所はやっているうちに慣れていきましょう。
またハードやAAA狙いでは縦連はそこまで意識しなくていいかもしれません。
発狂終わり際、79小節で③で予測したトリルが来ます。③が外れていた場合は注意が必要です。
80小節最後の最後には二重トリルが3回ずつ含まれた配置がきます。
ここはデニムX、Yいずれかが割れていれば当たりになりますが、そうでない場合は注意しましょう。
クリア狙いの場合、配置によっては3回ずつ即興餡蜜して凌ぐのも手です。


攻略は以上です。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する